MENU

【ライターとブロガーの甲子園】⑥バクバクとんかつランド @アジ平太

スポンサーリンク

ある日、僕は友人のケンジと一緒に、新しくオープンしたトンカツ屋「バクバクとんかつランド」に行くことにしました。この店は、店員全員がコメディアンというユニークなコンセプトで話題になっていました。

店に入ると、店員の一人がピエロの格好をして出迎えてくれました。「いらっしゃいませ!今日はどんな笑いをお届けしましょうか?」と、早速ジョークを飛ばします。僕とケンジは笑いながら席に着き、メニューを開きました。

注文を終え、待っている間に、店員たちが次々とテーブルにやってきて、即興コントを披露し始めました。ある店員は、トンカツのソースボトルをマイクに見立てて、まるでスタンドアップコメディのようにジョークを連発します。僕とケンジは大笑いしながら、彼らのパフォーマンスを楽しみました。

そして、ついにトンカツが運ばれてきました。店員は、「こちらが本日のメインディッシュ、バクバクとんかつランド特製トンカツです!」と、まるで舞台のように大げさに紹介しました。トンカツはサクサクで、ジューシーな肉汁が溢れ出し、見た目からして美味しそうです。

食べ始めると、店員たちが再び現れました。「さて、ここで笑いのチャレンジタイムです!トンカツに関するジョークを一つ言って、僕たちを笑わせたら、デザートをサービスします!」と言って、チャレンジを出題しました。僕とケンジは真剣に考え、見事にジョークを披露して店員たちを笑わせました。店員は、「お見事!デザートは特製笑いプリンです!」と、またもやユーモアたっぷりにデザートを提供しました。

食事が終わる頃、店員たちが最後のパフォーマンスを披露しました。「今日は楽しんでいただけましたか?またのお越しをお待ちしております!次回はもっと笑えるネタを用意しておきますね!」と、笑顔で見送りました。

僕とケンジは、笑いと美味しいトンカツで満たされた幸せな気持ちで店を後にしました。「バクバクとんかつランド」は、ただのトンカツ屋ではなく、笑いと美味しさが詰まった特別な場所でした。

そして、朝、目が覚めると小鳥のさえずりが聴こえ、それは、夢であったことに気づく。

この記事を書いた人

にわかブロガー・アジ平太
23歳
千葉県

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!