MENU

【エッセイ】白湯を嗜む刻(さゆをたしなむとき)。#26 突撃、オレの凡人メシ。【さゆとき】

スポンサーリンク

おはよう。

ございますをつけようか、つけまいか、5分間悩んだんだが、寝ぼけているので、今日は素の投稿をしたいと思っているので44歳等身大の投稿にする。

寝ぼけ眼(まなこ)で作った、朝食をカメラで撮って、インスタ映えみたいなの無視して、加工もせずにタイトル画像とした。

もう一度みる?

鮭フレーク、茹(ゆ)でたソーセージ、コショウをかけただけのエッグ。と、コーヒーの粉を水で溶いて、スプーンでクルクルしないまま。

そして、寝ぼけたまま、写真を撮り、画像の明るさ調整とかせずに、もう、ここまでブログを走らせている。

元シブガキ隊の誰かがブログが広まり始めたときに、ブログに参戦して、メシのタイミングで、写真を撮り、まわりを待たせ、奥さんをブーブーさせていたという話を聴いたことがある。

みんなカラダ張ってブログやってんのね。

今日は、眠たいのが抜けきれないから、コーヒーを水で溶いて斑(まだら)なまますすり、朝を通りすぎていくよ。

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!