MENU

[新連載]【エッセイ】白湯を嗜む刻(さゆをたしなむとき)。#1 お湯を沸騰させて、冷ます。そして飲む時に。【さゆとき】

スポンサーリンク

今回から、急なタイミングで始まった連続エッセイ「白湯(さゆ)を嗜(たしな)む刻(とき)。」ですが、いままで書いてきて諸事情で終えた「今日も珈琲日和。」の延長線上で書いていこうと思います。

白湯(さゆ)は好きなんで飲むときもあるけど、改めて、生活のパートナーと決めたら、なんだか奥深い感じがしてきて。

お湯を沸騰させて、冷ます。それを白湯(さゆ)という。みんな知っていることなんだけど。

味の付いたものとか、わざと甘いものとか、わざと苦いものとか、大人になると嗜(たしな)むことができるようになるのだけど、外では売ってないけど、自宅で白湯(さゆ)を嗜(たしな)む時間をゆっくりと過ごして、ゆるい考えごとをしたりしてみようかなと。

  • 内臓を温め、基礎代謝を上げる
  • 血流を良くし、冷え性を改善する
  • 脂肪燃焼によるダイエット効果
  • 消化力をアップし、便通を改善する
  • 老廃物を排出しやすくする
  • むくみにくくなる
  • 肌のターンオーバーを整え、肌トラブルを解消する
  • 心身のリラックス効果
  • 寝つきを良くする

白湯には余分な物質が入っていないため、不純物をキレイに洗い流してくれる効果があります。また、白湯には不純物が入っていないため体内に吸収されやすく利尿効果が高まります。

白湯を飲むタイミングとしては、寝起きと就寝前がおすすめです。寝ている間に汗をかくため、起床時は体内の水分が不足した状態です。白湯を飲むことで水分補給ができ、体温に近い白湯を飲むことで体内にスムーズに入り、デトックスによいといわれています。また、夜寝る前に白湯を飲むことで体が温まり、副交感神経が優勢になります。副交感神経が優勢になることで、心身のリラックス効果が期待できます。

google生成AIより引用

美容と健康にいいじゃねえか、このやろう。

時には、マクドナルドのハンバーガーも食べますけどね。

象印のマホービンのいいやつ買おうかしら。

白湯を嗜む刻(さゆをたしなむとき)。#11 白湯に纏わる(さゆにまつわる)インテリジェンスレポート

あわせて読みたい
【エッセイ】白湯を嗜む刻(さゆをたしなむとき)。#11 白湯に纏わる(さゆにまつわる)インテリジェン... こちら、白湯を嗜む者(さゆをたしなむもの)として、およそ2か月の研究結果によるインテリジェンスレポートを提出する。白湯を嗜む方法として、新連載#1で、白湯の嗜...

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!