MENU

梅雨到来!部屋干ししてる?DIY独男の乾きやすいハンガー選び。

スポンサーリンク

僕は、「洗濯は道具次第で、誰でも好きになる」と思っている。

なぜなら、僕はハンガーにこだわったり、洗濯後の干し方を工夫したら、梅雨が到来して部屋干ししても、平気になったから。

さっそく、生活感のある画像で説明していくと。

高校生の頃から、自分の洗濯はずっと自分でしてきたのだけど、ある日気づいたんだ。

メリーゴーランドのようなピンチハンガーや、まとめ干しのできるパラソルみたいなハンガーアレ、使いにくくないか?

気づいたら、単体干しをこまめにできるハンガーをAmazonで物色して、いまたどり着いたベストなハンガーコレクション。

すごく快適になるし、ストレスが軽減するので、参考にしてほしい。

①アーチ型ピンチハンガー

アーチ型ピンチハンガー、これはマスクや靴下やハンカチなどを干すのに便利で、物干しスペースも省スペースで済むので、小物を干すのに便利。

②ズボン・スカートハンガー

ズボン・スカートハンガー。ズボンの干し方って、なかなか乾かないから、ずっと悩んできたんだけど、服屋さんなんかで見かけるこのタイプのハンガーで干すのがベストだって気づいたら、ズボンを洗うのも干すのも気楽になった。

下の左側は、よくやる乾かないパターン。右は普通に乾くよというパターン。

あとは、普通のハンガーを使ってるのだけど、ハンガー次第でこんなに洗濯後の干す作業が便利になった。

ちなみに、僕はワークシャツを干すときのボタンは2番目しか閉めないよ。

僕は、実家暮らしで、自分の部屋をカスタマイズし放題なので、ホームセンターのポールコーナーで2メートルのポール買ってきて天井に着けたよ。

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!