MENU

やあ、やあ、やあ、みんな!AIの作り上げた文章をコピペすんなよ!情報処理能力に長けているが、情報編集力はまだまだだ。2024年初頭のAI。10年後にはこれをクリアしてる。

スポンサーリンク

スラムダンクの映画の興行動員数とコミック本の総売り上げからみられる潜在的ファンの数は?

スラムダンクの映画の興行動員数とコミック本の総売り上げからみられる潜在的ファンの数は? を検索しています

回答を生成しています…

スラムダンクの映画とコミックの人気についてお尋ねですね。

スラムダンクは、井上雄彦氏のバスケットボール漫画で、1990年から1996年まで「週刊少年ジャンプ」で連載され、1993年から1996年までテレビアニメが放送されました。

その後も世代を超えて愛され続けており、2022年12月には原作者自らが監督・脚本を務めた劇場版アニメ『THE FIRST SLAM DUNK』が公開され、大ヒットしました。

映画『THE FIRST SLAM DUNK』は、公開から約半年で興行収入158.7億円を記録して、2023年の邦画・洋画を合わせた興行収入ランキングで1位になりました¹。

動員数は約1200万人で、中国でも大人気でした²。

コミック『SLAM DUNK』は、単行本全31巻が発売され、累計発行部数は1億2500万部を超えています³。

また、2018年には新装版全20巻が発売され、2020年には

デジタル版が配信されました⁴。

コミックの売り上げは、映画の公開に伴って再び伸びたという報道もあります⁵。

以上のデータから、スラムダンクの潜在的ファンの数は、少なくとも映画の動員数とコミックの発行部数の合計である1億3700万人以上と推測できます。

しかし、これはあくまでも目安であり、実際には重複した人や見逃した人もいるでしょう。

また、スラムダンクのファンは、映画やコミックだけでなく、テレビアニメやゲーム、グッズなどのメディアミックスを通じて増えている可能性もあります。

したがって、スラムダンクの潜在的ファンの数は、もっと多いと考えられます。

なんで映画の総動員数と単行本全31巻の累計部数1億2500万部を足したの?

回答を生成しています…

単行本の総売り上げを全31巻で割らないのは、スラムダンクの作品に触れた人の数を大まかに推測するためです。

単行本の総売り上げを全31巻で割ると、1巻あたりの平均発行部数が出ますが、それはスラムダンクの人気度や品質を表す指標とは言えません。

なぜなら、単行本の発行部数は、発売時期や価格、在庫状況、宣伝効果などの要因によって変動するからです。例えば、初期の巻は発売から時間が経っているので、発行部数が多くなる傾向があります。

また、後期の巻はアニメの放送や映画の公開などの影響で、発行部数が増える可能性があります。したがって、単行本の総売り上げを全31巻で割ると、作品の人気や品質に関係なく、発売時期や市場環境によって偏った数値になる可能性があります。

一方、単行本の総売り上げをそのまま使うと、スラムダンクの作品に触れた人の数の下限として使えます。なぜなら、単行本を購入した人は、必ず作品に触れたと言えるからです。

もちろん、単行本を購入した人が全てスラムダンクのファンとは限りませんし、単行本を購入しなくてもスラムダンクのファンになる人もいます。

しかし、単行本の総売り上げは、スラムダンクの作品に興味を持った人の数の最低限の目安となります。そのため、単行本の総売り上げと映画の総動員数を足すことで、スラムダンクの潜在的ファンの数の下限を推測することができます。

以上が、単行本の総売り上げを全31巻で割らない理由です。

最後、いいわけじゃないか。

ここからが、本題。

冒頭の会話が現在の人とAIとの茶番劇であるが、現在のAIはインターネット上のデータを上からピックアップして、情報処理を行い提示してくれるのには長けている。

だけど、最終的に、AIの言い訳で終わってしまった。

ただ、なんで今、AIは発表されて、未完成なまま公表されているのか。

モノゴトには、順序があり、人口が50億人だった頃も2000年代は、インターネットでホームページを組むのに何日も時間を費やし、何十万もお金を費やした。人が手で打ちこみ、完成に至るまで人はごはんを食べる時間とお金が必要だった。

ただ、インターネットを作る人がデータをAIにミックスした時から、ノーコードと呼ばれるプログラム知識ゼロでもホームページを組めるようになったし、ノーコードなら数分でできてしまう。コストは、そのコードを生成する技術を開発した費用を回収するためだけにあり、80億人に人口が膨れ上がった今と今のデータであれば、サブスクリプションで1,000円~2,000円を回収して必要な人に必要なだけ技術を与えればいい。

ちがいますか?

ノーコードとは を検索しています
回答を生成しています…

ホームページを作る方法についてお話しですね。ご説明の通り、ノーコードという技術は、プログラミングの知識やスキルがなくても、Webサイトやアプリを開発できるサービスやツールのことです1。ノーコードのメリットは、アイディアから実行までが圧倒的にスピーディーで、コストも低いということです2。ノーコードの背景には、IT人材の不足やクラウドサービスの一般化などがあります3。
しかし、ノーコードにもデメリットや注意点があります。ノーコードで何かを作る場合は、専用のツール上でしかアイディアを実現できませんので、どうしてもツールの力に依存してしまいます4。自分のアイディアを形にするためのノーコードツールを選ぶ必要があり、利用ツールを間違えてしまうと、結局何も実現できないということも大いにあり得ます。また、あくまでノーコードツール上での制作となるため、複雑な仕様や大規模な開発などは向いていません5。
したがって、ノーコードは、プログラミングの知識やスキルがなくても、Webサイトやアプリを開発できるという点では素晴らしい技術ですが、それだけで全ての問題が解決できるというわけではありません。ノーコードのメリットやデメリット、適切なツールの選択などを理解して、自分の目的に合った方法でホームページを作ることが大切です。

へえ。

早くとも5年、いまの生成AIは完成されて10年後には、情報編集力が備わっている。

生成AIの情報編集力について を検索しています

回答を生成しています…

生成AIの将来についてのご意見ですね。生成AIは、データに基づいて高品質なテキストや画像、音楽などのコンテンツを生成することができる技術です1。生成AIは、ビジネスやクリエイティブな分野で多くの応用が期待されており、その発展は目覚ましいものがあります2。
しかし、生成AIが情報編集力を持つというのは、どのような意味でしょうか。情報編集力とは、必要な情報を選択し、整理し、わかりやすく伝える能力のことです3。生成AIは、学習したデータから新しい情報を生成することはできますが、その情報が正確であるとは限りません。また、生成AIは、自分の意図や目的に応じて、情報の重要度や優先度を判断することはできません。生成AIは、人間の指示やフィードバックに基づいて、情報を編集することはできるかもしれませんが、自ら情報編集力を持つというのは、現時点では難しいと考えられます4。
したがって、生成AIが情報編集力を持つというのは、現実的ではないと思われます。生成AIは、人間の創造性や判断力を補助するツールとして、有効に活用することができますが、人間の代わりになるものではありません。生成AIの可能性や限界を正しく理解し、適切に利用することが大切です。

生成AIの可能性や限界を正しく理解し、適切に利用することが大切ですだって。わかってんじゃん。

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!