MENU

月刊セレクト・オレスペシャル11月号お散歩ウォーキング編(rev.2)

スポンサーリンク

やっと、秋の季節も浸透してきて、日中のお散歩ウォーキングが捗(はかど)ります。

さらに、楽しく歩くために、毎月恒例の音楽セレクションをご用意いたしました。

Spotifyで、無料(CMあり)で気軽に視聴できるプレイリストです。プレミアム会員に登録すると、お手持ちのスマートホンにダウンロードして通信環境を気にすることなく視聴できます。

ワタナベミツテルによるヒトクチ解説。

①cero * Yellow Magus(Obscure)


cero(セロ)の9年前のデビュー曲。ceroは、2004年に結成された東京を拠点とするポップバンド。メンバーは、高城晶平(vo,g,fl)、橋本翼(g,cho)、荒内佑(key,sampler,cho)からなる。バンド名は「Contemporary Exotica Rock Orchestra」の略で、様々な感情や情景を「エキゾチカ」と捉え、ポップミュージックへと昇華させている。

②peanut butters * Girl Is Hard Rocker


peanut buttersは、コンポーザー(作曲エンジニア)のニシハラによるソロプロジェクト。現在は、2代目のサポートボーカルに穂ノ佳を迎え、その他のサポートメンバーに浪越康平(Panorama Panama Town)、石毛輝(the telephones / Yap!!!)が参加している。1代目のメインボーカルの紺野メイとニシハラの体制でデビューをしたが、2022年紺野メイの脱退が発表され、現在の体制となる。2023年11月15日にセカンドフルアルバム「peanut butters II」をリリースする。リリースと同時に初のワンマンライブが東名阪であるため、私事ですが、ワタナベミツテルは名古屋公演に参戦いたします。

③THE MAD CAPSULE MARKETS * WALK


THE MAD CAPSULE MARKETS は、1990年に結成された日本のデジタルハードコア/シンセサイザーパンクバンド(現代でいうところのミクスチャーロックの走り)。VocalのKYONOが高校時代に前身バンドの BERRIE を結成し、1990年に現在のバンド名に改名した。主なメンバーは、KYONO(ボーカル)、Takeshi Ueda(ベース、プログラミング、ボーカル)、Motokatsu Miyagami(ドラム、プログラミング)。1991年にビクターからデビューし、2004年まで11枚のアルバムをリリースした。他の元メンバーには、亜気(ドラム)、室姫深(ギター)、ISHIG∀KI(ギター)がいる。

④池田智子×TENDRE * 水星×今夜はブギー・バック nice vocal


2019年に解散したバンドShiggy Jr.(シギージュニア)のボーカル池田智子TENDRE(テンダー)(河原太朗のソロプロジェクト)による1990年代から多くのシンガーたちに歌い続けられている今夜はブギーバック(小沢健二とスチャダラパー)のカバーアレンジ曲。

⑤タイムマシーンにのって/家族の風景 * PUNPEE


PUNPEEによるハナレグミの楽曲『家族の風景』のREMIXアレンジ曲。
PUNPEE(パンピー)は、日本の音楽プロデューサー、ヒップホップMC、トラックメイカー、DJ、シンガー、サウンドエンジニアです。
PUNPEEは、東京都板橋区出身で、2006年に「ULTIMATE MC BATTLE 2006」東京大会で優勝した。2007年には、学生時代の同級生GAPPERと実弟5lackの3人からなるヒップホップユニット「PSG」を結成。PSGは2009年10月にデビューアルバム「David」をリリースし、各所で高い評価を集めた。
PUNPEEは、トラックメイカーとしても活動しており、Rhymester、Seeda、TOWA TEI、tofubeats、後藤正文などのヒップホップアーティストを中心にトラックやREMIXを提供してる。

⑥原田知世 * Daydream Beliver


原田知世(ハラダ トモヨ)は、1967年生まれの日本の女優で歌手で長崎出身。歌手活動は1990年代のスウェーデン録音をした辺りから、多くのアーティストやプロデューサーとのコラボにより洗練された音楽を発表するようになった。


⑦羊文学 * 永遠のブルー


羊文学(ひつじぶんがく)は、日本のオルタナティブ・ロックバンド。メンバーは、塩塚モエカ(Vo, Gt)、河西ゆりか(Ba)、フクダヒロア(Dr)の3人。
羊文学は、2017年に現在の体制となり、同年10月に初の全国流通盤「トンネルを抜けたら」をリリースした。これまでに、EP4枚、フルアルバム1枚、限定生産シングル「1999 / 人間だった」をリリースしている。2020年8月19日にF.C.L.S. (ソニー・ミュージックレーベルズ)より「砂漠のきみへ / Girls」を配信リリースし、メジャーデビューした。
羊文学は、柔らかくも鋭い感性で心に寄り添い突き刺さる歌を、繊細で重厚なサウンドに乗せ美しい音楽を奏でている。

⑧Ado * 唱


Ado(アド)は、2002年10月24日生まれの日本の女性歌手です。2017年1月、ニコニコ動画にボカロ楽曲「君の体温」の歌ってみた動画を投稿し、歌い手としての活動を開始した。2020年10月にリリースしたメジャーデビュー曲「うっせぇわ」が社会現象となるほどの大ヒットを記録し、一躍人気ボーカリストとして知名度を高めた。

⑨クリープハイプ * 愛のネタバレ


クリープハイプは、2001年に結成された日本のロックバンド。2012年にアルバム『死ぬまで一生愛されてると思ってたよ』でメジャーデビューした。
メンバーは、尾崎世界観(Vo/Gt)、小川幸慈(Gt)、長谷川カオナシ(Ba)、小泉拓(Dr)。

⑩マルシィ * ラブソング


マルシィは、2018年に福岡で結成された4人組のロックバンド。メンバーは、うきょう(Vo)、おさみぃ(Gt)、フジイタクミ(Ba)、めゐびー(Dr)です。
マルシィは、淡く切ない恋愛の記憶を歌うバンドとして知られている。丁寧に紡がれた日本語詞、心に響く切ないメロディ、ボーカル吉田の美しく繊細な歌声が人気を集めている。

⑪モンスター(feat.yama) * ジェニーハイ,yama


ジェニーハイシンガーのyamaによるコラボ曲。川谷絵音が作詞・プロデュース。ピアノは、あの❝ゴースト作曲家❞新垣隆。

ジェニーハイは、日本の5人組ロックバンドです。バラエティ番組「BAZOOKA!!!」の知名度を上げるために始動したプロジェクトで、音楽番組や音楽フェスなどへの出演を目標に結成されました。
ドラム:小籔千豊 ベース:くっきー(野性爆弾)キーボード:新垣隆 ボーカル:中嶋イッキュウ(tricot)ギター&プロデュース:川谷絵音(ゲスの極み乙女。 / indigo la End)

⑫町田康 * うどんのなかの世界


町田康(まちだ こう)は、日本の小説家、ミュージシャン、武蔵野大学文学部教授。1962年1月15日生まれで、旧芸名は町田町蔵(まちだ まちぞう)。
町田康は、1981年にパンクバンド「INU」のボーカリストとしてデビューし、アルバム『メシ喰うな!』を発表した。INU解散後も、さまざまなバンドで音楽活動を続けている。
1996年には、本名の「町田康」として処女小説『くっすん大黒』を発表し、翌1997年にBunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞した。2000年には、『きれぎれ』で第123回芥川賞を受賞している。
町田康は、次のような作品も発表しています:
2005年『告白』で谷崎潤一郎賞
2022年『男の愛 たびだちの詩』
2022年『私の文学史 なぜ俺はこんな人間になったのか?』
2017年『リフォームの爆発』
2000年から連載されたエッセイ『猫と町田康』

⑬サンボマスター * 笑っておくれ


サンボマスターの「笑っておくれ」は、2023年10月10日に配信リリースされた楽曲です。佐久間宣行プロデュースによるNetflixコメディシリーズ「トークサバイバー!」の主題歌でもある。
「笑っておくれ」は、山口隆が作詞作曲。歌詞は次のとおり。
「tonight tonight 笑っておくれ 一人ぼっちじゃない!」
「歌い出せよいま 途切れた言葉 響かせる時」
「忘れたい過去は捨ててもいいさ」
「語りかけるのいま 心の底 美しい君につぐないなんて キミにはいらないだろ?」

心にぶっ刺さる歌詞が、心を晴れやかにしてくれる。
ミュージックビデオは、Youtubeで視聴でき、佐久間宣行のオールナイトニッポン0で生演奏されたライブとリスナーが個々に視聴している姿を編集した企画動画。

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!