MENU
好きな言葉

乳母車に乗って酒場まで

【スプラトゥーン3にハマる】リフレッシュは大事だよ。土日はゲーム三昧。

スポンサーリンク

※この記事は、ワタナベミツテルの旧サイト・ガジェットポストにて2023年4月22日に投稿したものを編集しました。

僕は、任天堂Switchユーザーになって2年目。

最近は、ゼルダの伝説の新作が待ち遠しいくらいで、ドキドキワクワクしているのだが、時間がたっぷりあるので、スプラトゥーン3を初心者ながら初めてみた。

4人1組のチームになって、敵チームと競い合いながらインクを決められたフィールドに塗りつぶしていく陣取りゲーム。

最初は、僕はゲームがあんまり上手じゃないから、みんなのアシを引っ張ってゲームの中で泣かされて現実世界に戻ってきてしまうんじゃないかという心配があって、練習スペースで念入りに練習していただけだった。

いざ、戦いに参戦してみると、コンピューターが同じ腕前ぐらいの人を選んでマッチングしてチームを組んでくれるので、ゲームの世界で一人ぼっちの僕も仲間に入ることができた。

うれしかったのは、ゲームしてたらフレンド申請が来たこと。仲間と認めてくれた証(あかし)のようでうれしかった。(りくとさん、ありがとう。)

インクもらし”という僕のオリジナルリングネームでやっているのも、友達作りのきっかけになったかもしれない。


まだ10時間くらいしかこのゲームをプレイしていないけど、スプラトゥーンは限られた人のためのものではなく、誰もが参加できて、いつしか楽しめる居場所のようになっている。

最初は、知らない人の中で、ぎこちない感じだったけど、そんな僕がいつしか自分のブキを手にして、得意な塗り方で、みんなをリードできるようになった時には、バンザイと声に出してしまったくらい。

今日は土曜日。みんなが集まってくるから、僕もゲームの中に遊びにいかなきゃ。

よかったらシェアしてね!