MENU
好きな言葉

乳母車に乗って酒場まで

【ワタナベ砲】次のAmazonのセールでは価格が下がっていたらコレを狙え!Anker Smart Scale P2 Pro 体重体組成計。Prime感謝祭は、10月14日(土)0:00~10月15日(日)23:59まで

スポンサーリンク

この記事は、Amazonの次のセールに備えて、傾向と対策及びAnker Smart Scale P2 Proの使用レビューを書く。

ずばり、【ワタナベ砲】と名を売って、もうこれを狙うしかないという一品がAnker Smart Scale P2 Proなのだ。

このAnkerから発売されている体重体組成計としては、最新のP3という3.5インチのカラーディスプレイ搭載のモノがあるが、ディスプレイを省けば、ほぼ計測できるデータは一緒なので、P2 Proが現在7,000円前後で発売されているとして、次のAmazonのセールではガツンと2000円くらい下げてくると僕は予想する。

というのも、以下のグラフ(Keepaのデータ)は1年間のこの商品のAmazonでの価格推移。細かいことまでは調べていないが、ガツンと季節ごとに2000円を下げて販売している時がある。これって、Amazonのセール時なんじゃないの?

ご存じの方には有名なブランド。Ankerについては、以下の僕の記事について簡単書いている。

あわせて読みたい
Ankerのやること成すことが愛らしい。 いま最も勢いのあるガジェットメーカーであるAnker。暮らしの中に浸透してきた理由とは。

簡略化して説明するとAnkerは、スマホアクセサリー及びバッテリーメーカーとして急成長してきたメーカーなのだが、販売実績のほとんどがAmazonのスポンサーとしての広告効果によるものが多く(上位表示されたり、おススメに起用されたり)、Amazonさんとズブズブの関係なので、Ankerはセールのごとにいつもガツンと値段を下げてくれる。

そこで、「体重計が壊れてるよ」、とか「アフターコロナのコロナ太りで健康診断で赤点取った」とか、体重体組成計って何なん?って方に、是非お勧めしたい。

Wi-Fiとクラウドとの連携で、データ管理が手間いらず。

日本の他のメーカーでも同じような仕組みを利用した体重体組成計は存在するのだが、このP2 Proに限って言えば、体重を図ったと同時に、足の裏から他のデータを測定し、それをWi-Fi経由でのAnkerの保管するサーバーへ転送される。
(もちろん、個人情報は守られるのであなたの体重が何キロだとか、ネットで流出することはない。)

それでは、体重体組成計では何が図れるか。

体重、BMI、体脂肪率、筋肉量、心拍数、水分量、基礎代謝量、内臓脂肪、徐脂肪棒体重、体脂肪量、骨量、体内年齢、タンパク質、皮下脂肪率、ボディタイプ、骨格筋量の16種。

そのデータは、いつでもスマホアプリで確認できて、連続数値としてのグラフや数値からのAIによる診断やアドバイスを読むことができる。

そして自分を模したキャラクター(キャラクターバリエーションはない)が、太ったり、痩せたりしていくのもユニーク。

データをひと通り見たあとに、『画像を保存』というボタンがあるので、スマホ内部の画像フォルダに画像として保存できるし、SNS公開ボタンもある(!?)。

安心の日本語表記及び、電池は単4形4本(最初から付属)。


P3も良いが、この際、もし次のセールでAnkerさんがやってくれるとしたら、もしかしたら新製品P3のためにP2 Proを在庫処分したいくらいの勢いだと思うので、是非、一度チェックと考慮を願う。

よかったらシェアしてね!