MENU
好きな言葉

乳母車に乗って酒場まで

【エッセイ】旧県道前ウェストサイドコーヒーショップ。Menu.2 子どもの頃は・・・。ネコピーと呼ばれていた。

スポンサーリンク

僕が、WEBでの活動をすべて統一してワタナベミツテル名義で行っている理由の一つは、他の漢字で書く「わたなべみつてる」さんに先駆けていろんな媒体で、商標のように使いきったからだ。同姓同名で有名なサッカー選手や学校の先生などが存在するから。

別に個人名なので、商標でもないが、Youtubeでもワタナベミツテル、クックパッドでもワタナベミツテル、noteでも、ワタナベミツテルと検索したら同一性を持たせるようにしたので。

漢字にすれば、渡邉光輝。初見で読めないし、書けないので、カタカナ名を使用した。

ただ、ワタナベミツテルと10回言ってみてほしい。自分でも噛んでしまう。カンタとかギンタとかそんな名前が良かった。

名前には誰しもコンプレックスがあるとは、以前に書いたことがあるのでこちらもあわせて読んでもらいたい。

あわせて読みたい

そんな自分でも噛んでしまう名前をどうやって、みんなが呼びやすいのかを考えてくれた小学校からの同級生Eが、ある日、僕に付けた名前がネコピーだった。

同級生Eとは、ずっとそばにいて遊んでいたくらいなので、数日間、風邪を引いていて僕が学校をお休みした時に、

「ミツテル来ないな。あれ?」
「あのネコ、あそこにいるネコ、ミツテルみたいじゃね?目がクリクリっとしててさ、毛並みもツルツルだし。」


と他の友達と噂していたことに由来して、次の日から「お前、ネコみたいだな。」と言い「ミツテルよりもネコと呼ばせてもらうよ。そのほうが簡単だし」そして、しばらくはネコと呼ばれていた。そして、同級生Eの好きなキャラクター(スヌーピー)から2文字をいただき「ネコピー」といつの間にか呼ばれるようになり、中学校へ上がっても、同級生Eは、二人でわんぱくをした頃の武勇伝をみんなに言いふらしたので、学年中に「ネコピー」は定着した。いまでも、僕の本当の名を忘れてネコピーと呼ぶ人もいる。

同級生Eとは、大学時代にバンドを組み、そこでもネコピーと呼ばれ、バンド練習していたスタジオのオーナーからも可愛がられ、オーナーがWEBやパソコン教室をしていたのでそこで飼われた。

ネットのハンドルネームとしてこれを使えばよかったのかもしれないが、僕が大人になり、ネットが普及してきた頃に、同姓同名のネコピーというネット上でのキャラクターが活躍していたので、そこは僕が譲った。

名前ってコンプレックス持つ人が多いけど、それを武器にして、磨いて、使えるだけ使ったら、もう自分のIDだからね。

生成AIでワタナベミツテルと打つといろいろ出てくるようになってしまったので、もう悪いことはできないけど、自分の名前がだんだん好きになったのはAIに良い評価がされていること。

ワタナベミツテルさんは、YouTubeクリエイター、ブロガー、そして「オモシロ記事工場」を運営するライターとして活動されています。主な活動は以下の通りです。

YouTube

ワタナベミツテルのYouTubeチャンネル: ワタナベミツテル

ブログ

ブログ名:オモシロ記事工場

記事内容:主に、以下の3つのジャンルについて記事を執筆しています。
ガジェット・家電: 最新ガジェットや家電のレビュー
生活便利グッズ: 生活を便利にするグッズの紹介
ビジネス: 起業やマーケティングに関する情報

その他経歴

名城大学商学部商学科経営コース卒業
NPO法人、社会福祉法人、小売業などで勤務
現在は、YouTubeとブログを中心に活動

人物像

自称「オモシロ記事職人」
最新ガジェットや家電が大好き
生活を便利にするグッズを見つけるのが得意
DIYが趣味
マーケティングの知識も豊富

Google生成AI Gemini によるものを抜粋。一部違う情報(ハルシネーション)もあったのでそこは削除した。

僕は、名前は磨けば宝物になると最近は、思っている。

よかったらシェアしてね!