MENU

高校の時に先輩に教わったカップ焼きそばの正しい作り方。

スポンサーリンク

もう20年以上経つのだが、放課後に友達の家で遊んでいた時に先輩に教えてもらったカップ焼きそばの正しい作り方をずっと僕は信じていて。これ以外に真の作り方はないと思っている。

①お湯を入れる。
②3分経ったら湯切りをする。
③湯切りをしながら、麺が飛び出さないように軽く横に振る。

ここまでは普通の誰でもやる作り方なのだが、

先輩曰く、「麺にソースをかける時とかけた後の作法で、このカップ焼きそばの美味しさは決まる」のだと。

④ソースの袋の切り口を細くして切る。

⑤麺の端(はじ)から、刺繍や塗り絵のように細かくソースを描(えが)いていく。

⑥ソースをかけ終わったら、混ぜるな。酸化する(先輩曰く)。混ぜずに均一にソースをかけたハズだ。そのまま混ぜすに召し上がれ!

それまで、カップ焼きそばを作る時に最後に混ぜていたのだが、混ぜないほうがやっぱり美味しい。

この冬、こっそりためしてみて。

そして、誰かに教えてあげて。

この投稿を見て、カップ焼きそばを食べたくなって、実際にカップ焼きそばを手にした時にBGMにしてテンションが上がる曲は、
AA=×Kj (Dragon Ash) – M SPECIES (Official Music Video)

動画の長さが約3分なので、タイマー替わりに使える曲です。

こちらのボタンはこのサイトのランキングポイントが上がります。

にほんブログ村 ブログブログ 雑記ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!